帽子スタイルの提案と良くある質問(Q&A) Laughingstock

帽子屋Laughingstock帽子屋Laughingstock
トップページ
メンズウェア通販
Laughingstock
トップページ
サイトマップ通販法に基づく表記   
 

Laughingstockの考える帽子スタイル

Laughingstockのお客様には、いろいろな方がいます。
帽子大好き、帽子マニアな方。
帽子なんてかぶったことのない方。
これから挑戦してみようという方。
気に入る帽子が見つからない方。
合うサイズの帽子がない方。
自分には似合わないと思い込んでいる方。
自分に似合う形を一生懸命探している方。

Laughingstockでは、
本当に気に入った帽子を見つけてもらうこと、
その帽子を普段かぶっていただけること。
そんな帽子を見つけるお手伝いをさせていただいています。

最近、帽子ブームが起こり、街で帽子をかぶった人たちを見るのが当たり前になりました。
しかし、帽子が以前から好きな人にとって、
帽子がただのブームで、しかもそのブームが終わってしまったら・・・
それはとても悲しいことですよね?
一時のものでなく、ずっと自分の中に溶け込むアイテムの1つとして、
帽子を自分のものに出来るように。

最近帽子をかぶり始めた人も、以前から帽子が好きだった人も、
これからもずっと帽子をかぶりつづけていけるように。
Laughingstockでは流行に流されず、帽子にかぶられることなく、
粋に帽子をかぶりこなせるような帽子スタイルを目指しています。

よく聞かれる帽子の悩みを紹介します。

Q.ハットを買っても、どんな服に合わせて良いか分かりません。   

 ―Laughingstockでは、ラフな格好にハットを合わせるスタイルをお勧めしています。
     あまりカチッとした格好だと、気負ってしまうので。
     ハットをあみだにかぶって、額を少し出してかぶってみてください。
     こうすることで普段のTシャツにだって、きっちりしたハットも決まります。


Q.似合う帽子が分かりません。    

―とにかく、かぶりまくってみてください。
     意外と、敬遠していた帽子が似合ったりするものです。
     帽子は、置いてあるのを見た時と、かぶってみた時の印象がかなり違ったりするものです。
     たくさんの帽子をかぶることで、少しづつ自分に似合う帽子が見えてきます。
     ちなみにLaughingstockでは、1時間や2時間迷う方や、
     1日に2度3度と来店される方もザラです。

Q.頭が大きくて、入る帽子がありません。    

―まず、サイズを測ってみてください。それから、頭を触って形を把握しましょう。
     ハットは日本製のものの方が円に近く、外国製のものは楕円です。
     このため日本のものは全く入らないのに、外国タイプのハットならM(円周は同じ)で大丈夫
     という方もかなり多いです。



©2005 Laughingstock